学生ローンで借入できる金額ってどれぐらい?

学生専用のローンと言えば学生ローンです。親にバレずに借入できるとして人気の学生ローンですが、一体どれぐらいの金額まで借入することができるのでしょうか。また、学生ローンを利用する際に必要な書類や審査、また在籍確認はあるのかについても詳しく解説していきます。

これから借入を考えている人は参考にしてみてください。

学生ローンを利用する前に知っておきたいこと

学生ローンは、学生が借入することができるローンです。消費者金融や銀行系カードローンの中には、借入できる対象を20歳以上の人としている場合が多い上に、安定した収入がある人という基準があります。アルバイトをしている学生でも借入できる消費者金融もありますが、審査が厳しくなったり、借入できる限度額が低くなってしまうなどのデメリットががあります。

また、学生自体を対象としていないところも多い為、学生がお金を借りる場所というのは限定されているのが実情です。その点、学生ローンは学生を対象としている為、学生であることが条件の一つとなります。申込する際に必要な書類は、学生証と身分証明書となっていることからも分かるように学生であることが必須なローンなのです。

身分証明書は、運転免許証や保険証、パスポートのどれかであれば問題ありません。必ずセットで持参し、申込を行ってください。また、中には、振込先の銀行口座を確認する為に銀行キャッシュカードのコピーが必要となることもあります。

利用する学生ローンでどのような書類が必要かを事前に確認しておくと安心です。学生ローンは、基本的に在籍確認を行いません。大学に在籍しているかどうかは学生証を確認すれば問題ありませんし、アルバイト先にまで連絡を入れることはほとんどないと言われています。

その為、親バレをしたくないという人にも利用しやすいローンの一つとなっているのです。

学生ローンで利用できる限度額はいくら?

学生ローンで利用できる限度額は、最大で50万円と言われています。学生ローンは賃金業法の総量規制というルールの元に融資を行っている為、年収の3分の1以上の融資はできない決まりになっています。これは学生ローンに限らず、消費者金融も同様です。

簡単に言うと、アルバイトで100万円の年収があったとしても、その3分の1までしか借入できない為、30万円程度が最大となるのです。

学生ローンの場合、最大50万円までの融資が可能となっているものの、実際に50万円まで借入できる学生はほとんどないというのが現状でしょう。

また、例え年収が100万円越えている状況があったとしても、学生アルバイトである以上安定した収入とはみなされません。その為、最初の借入の段階で30万円の融資をしてくれることはないのです。最初は10万円~20万円程度となり、それ以上の融資は期待しない方が良いと言えます。

借入途中での追加融資を希望することはできるかもしれませんが、返済の延滞や遅延がある場合はこれ以上の融資が難しいと判断されることもある為、注意が必要です。学生ローンに限らず、いきなり高額融資をしてもらえるかという点については、消費者金融であっても銀行系カードローンであっても難しいのが現状です。

学生ローンはいつでも利用できるわけではない

学生ローンの融資は銀行口座への振込が基本となります。その為、いつでもどこでも借入ができるわけではありません。消費者金融のように自動契約機やコンビニATMを利用し、24時間365日いつでも引き出すことができるようなシステムはなく、銀行振込のみでの対応となる為、必要なタイミングで融資してもらえないというデメリットがあるのです。

また、平日限定での融資となってしまうことも理解しておきましょう。銀行振込での融資のみということは、振り込んでもらう銀行が開いている時間内でしか対応できないということです。その為、15時以降に申込を行った場合は、翌日の営業時間開始後にしか振込はされないということなのです。

例えば、金曜日の15時以降に申込をしたとなると、翌週の月曜日まで振り込まれることはありません。その点から、学生ローンはいつでも融資をしてもらえるような利便性はないのです。15時以降にどうしても必要という場合は、学生ローンの窓口まで行き、現金での融資に対応してくれるところもあるようですが、基本的には銀行振込になっていますので、その点を理解しておく必要があります。

学生ローンと消費者金融の金利ってどれぐらい違うの?

キャッシングサービスを利用する際に気になるのが金利です。消費者金融の金利はとても高いというイメージを持っている人も多いでしょうが、実は学生ローンとそこまで大きな差はないと言われています。消費者金融の上限金利は18.0%ですが、学生ローンの平均上限金利は16.0%程度となっています。

この2.0%の差はとても多いように感じる人もいるかもしれませんが、少額融資の場合はそこまで大きな開きはありません。10万円を借入したばあい、2,000円程度の差という認識で問題ないでしょう。

もちろん、この2,000円の差を大きいと考える人もいるので一概には言えませんが、金利で学生ローンの方がお得だという認識でいるのは少々浅はかもしれません。と言うのも、消費者金融では30日間無利息キャンペーンなどのお得なキャンペーンを行っていることが多いからです。

30日間は利息無しで借入ができることは、金利を気にする学生にとってスルーできない話でもあります。

利息が低いからという理由だけで学生ローンを選ぶのではなく、トータル的に負担が少ない方を選ぶことが大切になってきます。

計画的に借入することが大切

学生ローンも消費者金融も、賃金業法の総量規制があることから、その人の負担になるような融資を行うことはありません。しかし、複数からの借入をしてしまう学生に関しては制限できないという面もあります。特に学生ローンに関しては、そこまで審査を厳しくしていないという点もあり、複数からの借入が余程でなければ融資をしてくれるでしょう。

複数からの借入によって、自転車操業状態に陥ってしまった場合、結果的に親バレに繋がってしまうリスクがあるのです。返済能力オーバーの状態で借入してしまうと、結果的に融資してくれる場所がなくなりますし、融資してくれても少額での融資になることが多いのです。

また、甘い言葉で近づいてくる闇金業者に引っかかってしまうような学生も出てくるでしょう。お金に困った時、親には心配かけたくないと思う人も多いでしょうし、言い出しにくいという人もいます。しかし、結果的に困るような現状が出来てから相談するよりも、その前に相談しておく方が親への負担も少なくて済むこともあるのです。

お金は借りたら返さなくてはいけません。そのことを忘れず計画的な借入を心掛けましょう。